対策をしっかり取ってノロウイルスにかからないようにしよう

牡蠣や井戸水などもある

ウィルス

見えないので注意が必要

冬になると、うがい手洗いをするのが良いとされます。風邪の感染を予防するためです。風邪ウイルスは空気中を浮遊し、さらに手すりやつり革などいろいろなところに付着しています。触った手を口などに当てれば、感染してしまいます。ノロウイルスも冬に感染することが多く対策が必要になります。最も多いとされているのが、感染者の便や嘔吐物が手につくことです。家族が感染した時、嘔吐物などを触った後に十分手洗いをしていないと感染してしまいます。ノロウイルスが含まれた嘔吐物や便などが乾燥して、それが浮遊することがあります。それを吸い込めば感染につながります。公衆トイレなどで起こりやすいので、対策としてはマスクなどで吸い込まないようにしないといけません。冬の味覚として牡蠣があります。スーパーなどでは生食用、加熱用が売られています。この意味をきちんと理解していないとノロウイルスに感染する可能性があります。対策としては、加熱用は誰が食べるときにも加熱します。生食用とあっても、子供や高齢者は加熱した方がいい場合があります。全くウイルスがないとは言い切れないからです。地方などでは井戸を利用することがあるかもしれません。ノロウイルスに感染した井戸水を飲むことで感染してしまう場合があります。対策としては、利用する前に煮沸などをすることでしょう。また、周辺で感染者が出た場合には、しばらく利用に注意するなどが必要になります。ケースとしては少ないですが、対処することは可能です。

安静にしていれば治る

マスク

ノロウイルスの対策として、今のところは薬はありません。成人の場合なら、安静にしていれば良くなります。子供や高齢者は免疫力が低下している場合があるので、医療機関を受診します。点滴を受けたり、入院をすることもあります。

感染拡大防止

女性

ノロウイルスは、多くのウィルスがある中でとても身近なウィルスだと言えます。感染力がとても強いため、ノロウイルスの対策はとても難しいですが、重要なポイントは過剰なほどの消毒を行い感染の拡大を防止することです。

冬の病気の予防法

細菌

冬になると大流行するノロウイルスは感染力が強く、学校や職場など一人感染者が出れば次から次へと感染者が出てしまいます。そんなノロウイルスに感染しない為にも、手洗いうがいを強化し、しっかりと対策をしましょう。